犬の洋服

室内犬などの品種改良を経た小型犬や、元から体毛の薄い品種、寒さを苦手とする品種の場合、
寒い中では体温を保持できるだけの体毛を持っておらず、体調を崩すしてしまうために着せる。
(寒い中での散歩のときに着せる、といった具合です。)
と聞いたことがあります。

人気わんこ特集

「汗をかく」というのは体温を下げるため、ですが、外気温が低い場合は、逆に体温が必要以上に下がりすぎる(汗はかかないが、自分の発熱以上に肌から熱が奪われる)ので、それを防ぐために着せるそうです。
(もちろん、体毛が十分にある品種ならば、もとから服を着ているようなものですから当然必要ないですね。)

また、毛の短い種では夏場の直射日光による紫外線を防護するために服を着せることもあるらしいです。

足裏についてもですが、度を過ぎる暑さ/寒さは犬だって耐えられないでしょう。
その対策として靴下あたりをつけることもあるそうです。

犬を飼おう!

犬について

わんちゃん大特集!